スポーツコンディショニング・はりきゅうは、京都・左京区の『PEP KYOTO 治療院』にお任せ!

Tel:075-712-1189


組織間リリースとは…

ISR(=Inter-Structural Release)とは、組織どうしをゆるく結合している疎性結合組織をリリースすることを意図した徒手的治療法です。正常に身体運動を行うため、皮膚、皮下脂肪、筋、腱、靱帯、関節包、骨膜など全ての組織は可動性が必要性であり、隣接する組織との間で可動性を保つ必要があります。しかし、長時間の圧迫、皮下脂肪や筋の増加、炎症、組織損傷、創傷、手術などでこのような疎性結合組織は可動性を失いますISRとは、軟部組織に十分な可動性を取り戻させるための治療技術です。
ISRは組織間をリリースすることにより、正常な軟部組織の可動性を取り戻す技術です。膝を例に取ると、大腿四頭筋間、ハムストリングス間、半腱様筋や半膜様筋と腓腹筋内側頭、腓腹筋外側頭と膝関節後方関節包、外側側副靱帯と関節包のように、すべての組織間の正常な可動性を取り戻すことにより、膝関節の正常な適合性(アライメント)や運動(キネマティクス)を取り戻すことができます。ISRはアライメントの修正や拘縮の治療には不可欠であり、唯一の確実な治療法と言えます。

ホームページQRコード


↑ PAGE TOP