スポーツコンディショニング・はりきゅうは、京都・左京区の『PEP KYOTO 治療院』にお任せ!

Tel:075-712-1189


接骨・整骨、鍼灸、あんまマッサージ指圧について

当院では医療系国家資格である柔道整復師、鍼師・灸師、あんまマッサージ指圧師がおり、接骨や整骨、鍼灸治療、あんまマッサージ指圧を受けることができます。
これらの治療は保険を適応して治療を受けることも可能です。

接骨・整骨

日本古来の武術の一つである「柔術」の「活法」が原型になっている治療法で、骨折、脱臼、ねんざ、挫傷(肉離れ)、打撲といったスポーツや日常生活をしているうえで起こるケガに対して治療をしていきます。
現在ではほねつぎなどのほかに、電気治療器などを用いた治療もされています。
保険を使えるのはどんなとき
整骨院や接骨院で骨折、脱臼、打撲及び捻挫、(いわゆる挫傷・肉ばなれを含む。)の施術を受けた場合に保険の対象になります。
なお、骨折及び脱臼については、医師の同意が必要です。(緊急の場合を除きます。)
治療をうけるときの注意
単なる肩こり、筋肉疲労などに対する施術は保険の対象になりません。このような症状で施術を受けた場合は、自己負担になります。
※療養費は、本来患者が費用の全額を支払った後、自ら保険者へ請求をおこない支給を受ける「償還払い」が原則ですが、柔道整復については、例外的な取扱いとして、患者が自己負担分を柔道整復師に支払い、柔道整復師が患者に代わって残りの費用を保険者に請求する「受領委任」という方法が認められています。
このため、多くの整骨院・接骨院等の窓口では、病院・診療所にかかったときと同じように自己負担分のみ支払うことにより、施術を受けることができます。
柔道整復師が患者の方に代わって保険請求を行うため、施術を受けるときには、必要書類に患者の方のサインをいただくことが必要となります。
保険医療機関(病院、診療所など)で同じ負傷等の治療中は、施術を 受けても保険等の対象になりません。


鍼灸

古くは中国から伝えられた日本の伝統的な医療の一つで髪の毛の太さ程(0,2ミリ前後)の鍼を用いて筋肉の緊張をほぐしたり、痛みを和らげたりでき、またお灸はもぐさに火をつけ局所を温めることで、冷え性予防や痛みの改善などに効果があります。
当院では、鍼は日本製の使い捨ての鍼を使用しており、衛生面はもちろんのこと、鍼が折れるなどの事故の防止に努めています。また、日本の技術により痛みがほとんど出ない鍼で安心して受けていただけます。
お灸は主に台座灸というお灸を使用し、火傷にならない、温かいお灸を受けられます。
保険を使えるのはどんなとき
主として「神経痛、リウマチ、頸(けい)腕(わん)症候群、五十肩、腰痛症及び頸(けい)椎(つい)捻挫後遺症等」の慢性的な疼痛を主症状とする疾患の治療を受けるときに保険の対象となります。
保険適応症の一覧
1.神経痛…例えば坐骨神経痛など。
2.リウマチ…急性、慢性で各関節が腫れて痛むもの。
3.腰痛症 …慢性の腰痛、ギックリ腰など。
4.五十肩…肩の関節が痛く腕が挙がらないもの。
5.頚腕症候群…頚から肩、腕にかけてシビレ痛むもの。
6.頚椎捻挫後遺症…頚の外傷、むちうち症など。
7.その他、これらに類似する疾患(例:変形性膝関節症、膠原病など)。
治療をうけるときの注意
治療を受けるにあたって、保険が使えるのは、あらかじめ医師の発行した同意書又は診断書が必要です。詳しくは、当院にお気軽にお尋ねください。
保険医療機関(病院、診療所など)で同じ対象疾患の治療を受けている間は、はり・きゅう施術を受けても保険の対象にはなりませんので、ご注意ください。

あんまマッサージ指圧

保険を使えるのはどんなとき
「筋麻痺や関節拘縮等」であって、医療上マッサージを必要とする症例について施術を受けたときに保険の対象となります。
※「はり・きゅう」の施術とは違い、保険医療機関(病院、診療所など)で同じ対象疾患の治療を受けている時でも「あんまマッサージ指圧」の施術を受けることはできます。
治療をうけるときの注意
マッサージの施術を受けるにあたって、保険が使えるのは、あらかじめ医師の発行した同意書又は診断書が必要です。詳しくは当院にお気軽にお尋ねください。
単に疲労回復や慰安を目的としたものや、疾病予防のためのマッサージなどは保険の対象となりませんので、ご注意ください。
(疾病による筋拘縮や疼痛除去は保険対象となります。)



学校の授業やクラブ活動でケガをされた方へ

学校の授業やクラブ活動で骨折やねん挫などのケガをされた場合「日本スポーツ振興センター」の"災害共済給付制度"を利用できる場合があります。
詳しくはこちら(独立行政法人日本スポーツ振興センター発行)か、またはメニュー下方"学校安全web"をご覧ください。






ホームページQRコード


↑ PAGE TOP