スポーツコンディショニング・はりきゅうは、京都・左京区の『PEP KYOTO 治療院』にお任せ!

Tel:075-712-1189


はじめまして!PEP KYOTOです!

電気治療で実現した周波数と振幅の同時変調によるハイトーン治療

アスリートから選ばれる ハイトーン治療器 に「ハイチャージ NEO (ネオ) 」 !!

ハイトーン通電は、開発にあたり当時既に知られている理学療法機器の効果以上の効果を実現するために、周波数と振幅の同時変調を導入することで、電気治療器の新たな発展を創造し研究を重ねた集大成です。
体内へより多くのエネルギーをチャージし、痛みの原因にも働きかけるので、痛みの取れにくい慢性症状にも効果が期待できます。また近年、全身通電によるアスリートへの疲れにくく故障しにくい身体づくりにも貢献しています。

全身調整、振動マッサージ、スポーツ、リハビリテーション、疼痛等、適切な周波数があらかじめ設定された通電プログラムを選択するだけの簡単操作が実現。全身通電と局所通電で、アスリートの現場への早期復帰を強力にサポートする1台です。

痛みに、疲労に、細胞への SimulFAM® 効果

ハイトーン通電では、周波数と振幅が同時に変調し、周波数が高くなるほど閾値曲線に沿って刺激電流を上げることができるので、より多くのエネルギーを体内へ導入することができます。ハイトーン通電での周波数と振幅の同時変調をSimultaneous Frequency and Amplitude Modulation、すなわちSimulFAM®(シミュルファム)と呼び、主に全身通電に「SimulFAM®i」を、局所通電に「SimulFAM® X」の2種類の方法を採用しています。





通電プログラム (一例)


■Vitalization[全身調整]

全身の代謝を活性化させることで、基礎代謝を高めます。広範囲に広がった痛みや炎症の緩和の他、アスリートのパフォーマンス向上や体力消耗後の疲れにくい身体づくりに効果的に作用します。

■Sport[スポーツ]
1サイクル30秒間で、20~30Hzの変調する周波数を使用し、5秒間の上昇時間および5秒間の強さ保持時間、20秒間の休止時間の組合せで構成されています。このサイクルを通電終了時間まで繰り返すことで、効率のよい筋力強化を促します。

■Trauma[外傷]
10Hzと100Hzの組合せで、受傷後の外傷部位の腫れを抑え、痛みの軽減だけでなく、
マッサージの効果を合わせ持ったプログラムです。

■Pain[痛み]
90~110Hzの変調する周波数を使用し、効率よく痛みを緩和させるプログラムです。


機能的な身体づくりのための電気治療器「ハイチャージNEO」


ドイツで開発されたハイトーン治療器「ハイチャージNEO」は、細胞の“動力”であるミトコンドリアを活性化させ、疲れにくい元気な身体を作ります。ミトコンドリアの量が多ければ、エネルギーをたくさん作ることができ、疲れにくくより健康的な身体作りができるようになります。
「ハイチャージNEO」は、従来の電気治療器とは違い、電流がとても細かく体に抵抗感が少ないので、より多くの電流を細胞レベルまで流すことができます。細胞レベルまで電流を流すことにより、ミトコンドリアを直接刺激し、ストレスや疲れ、老化等により眠っていた細胞を目覚めさせます。細胞が体内で元気に活動をはじめ活性化し、新陳代謝が向上、体質改善へと導きます。全身調整、局所調整、筋肉トレーニング等には、ハイトーン療法「ハイチャージNEO」がお勧めです!

≪使用例≫

◆全身調整:筋肉疲労や体調を整えます。
◆スポーツ:筋肉の強直性収縮と休止を繰り返すことで、筋肉に刺激を与え高いトレーニング効果を発揮。
◆リハビリ:関節硬化などの部位に微弱電流を流し、少しずつ関節可動域を拡張していきます。

ハイトーン療法とは

ハイトーン治療とは、電流の強さと周波数を同時に変調させることで、神経や筋肉の刺激のみならず、全身の細胞に働きかけることを可能とした画期的な治療です。痛みの軽減や炎症の緩和はもちろんのこと、全身の新陳代謝を活性化させることで基礎代謝を高め、疲れた身体のケアや自然治癒力の向上など様々な効果が期待できます。




多くのプロスポーツ選手も愛用しています!

「故障後の通電」から「故障予防の通電」へ機能的な体つぐりのための電気治療器であるハイトーン治療器「ハイチャージNEO」は、とくに、スポーツ選手へのパフォーマンス向上のため、疲れにくく故障しにくい体づくりに貢献。多くのアスリートが、この治療器を使用しています。





ホームページQRコード

↑ PAGE TOP